ソラプロ スタッフブログ

Entries

ソーラープロジェクト大社 スタッフブログ

  • <<  『使い方・モード設定について』
  • >>  [工務部編] 現場150125

スポンサーサイト

Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【押し上げ効果・モード設定について】

  • 2015.01
  • 25

Edit190

島根(松江・出雲・大田)で蓄電池を設置するならやっぱり大社!!

みなさん、こんにちは!おなじみのソーラープロジェクト大社 伊藤です(*^^*)
今日のテーマは太陽光発電との連携でメリットを多く生み出す
【押し上げ効果・ダブル発電について】です。

太陽光発電を設置された方によっては『ダブル発電』という言葉を耳にされた方も
いらっしゃるのではないでしょうか?
蓄電池にも発電設備とみなされ、『ダブル発電』扱いになってしまう機種があります。
この『ダブル発電』がもたらすメリットは、押し上げ効果というものです。
・・・押し上げ効果と聞いても分からないですよね。
ただ、読んで字のごとく太陽光発電の売電量を押し上げる効果ということなのです。

「安い深夜電力を貯めて、高い昼間に使う」という使い方をご説明しました。
この場合もメリットは当然出るのですが、それ以上に経済メリットを出そうとする場合に
押し上げ効果を利用するのです。

その内容を簡単にご説明させていただきます!!
昼間は太陽光発電で電気を作り、総発電量から自宅の昼間の電気使用量を差し引いた電気量を
中国電力等の電力会社へ売電しています。
蓄電池に安い深夜電力を蓄え、昼間の電気量に当てることで、太陽光発電で発電した総発電量を
売電へと押し上げることにより経済メリットが大きくでるという事になります。
これが押し上げ効果の仕組みになります。
押し上げ効果画像

ただし、この押し上げ効果は、蓄電池によってダブル発電の扱いになるものとならないものがあります。
W発電となってしまうと、売電価格が下がってしまいます。
(平成23年 42円⇒34円、平成24年 42円⇒34円、
平成25年 38円⇒31円、平成26年 37円⇒30円
京セラの蓄電システムの場合、押し上げ効果はありますが、W発電となってしまい、売電価格が下がります。Panasonicや長州産業の蓄電池は押し上げ効果があり、その上、ダブル発電にならないので、売電価格は変わりません。

ご家庭の電気使用内容によってメリットの出方は変わりますので、詳しくはソーラープロジェクト大社まで、お問い合わせください!
スポンサーサイト

Comment

top

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可
  • <<  『使い方・モード設定について』
  • >>  [工務部編] 現場150125

プロフィール

ソラプロ

Author:ソラプロ
ソーラープロジェクト大社 ブログへようこそ!
島根(松江・出雲・大田)で太陽光発電・蓄電池を設置するなら…やっぱり大社!!!太陽光発電や蓄電池・工事に対しての情報を発信していきます!
ご相談、お問い合せはソーラープロジェクト大社まで
お待ちしております。

検索フォーム

最新コメント

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © ソラプロ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。