ソラプロ スタッフブログ

Entries

Date : 2015年01月

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
島根(松江・出雲・大田)で蓄電池を設置するならやっぱり大社!!

みなさん、こんにちは(・∀・)
おなじみの伊藤です♪
実は…斐川ショールームに昨日、水素水のサーバーがデモとして設置されました!
社員で水道水での飲み比べが始まり、口当たりがやわらかいと評判です♪
水素水は美容や健康にいいとか、なんとか(笑)
ぜひ試しに斐川ショールームへご来店ください。

水素水ばかり推していてもいけませんね(^m^;)
では、蓄電池推しお付き合いください♪
今回のテーマは
『リチウムイオン蓄電池の熱暴走について』です。

2013年に発生した、ボーイング787のバッテリーから出火した問題のことはご存知の方も多いのではないでしょうか?
最終的に、制御系統のトラブルや、高度で電解液が低温になった時に電気を伝えにくくなる、などが原因だとされましたが、搭載されていたリチウムイオン蓄電池が異常発熱し、発火したという報道が大きく取り沙汰されました。
熱暴走例(ボーイング)

リチウムイオンの電池は材料として使用すると高い電圧を得られる性質がありますが、
素材の構造的問題で、衝撃や異常な高温などによって、熱暴走や、発火の危険性があります。

各メーカーは材質・構造ともに、発火しにくいような新材料を採用したり
ショートしても熱暴走が起きないよう工夫されてつくられています。
また、設置時の注意事項を守り、使用していれば、このような危険性はありません。

そのためにも、安心・安全な良いメーカー、豊富な知識・確かな技術をもった良い販売店・工事業者を選ぶことが重要ですね(・∀・)
熱暴走は注意していただきたい点でありますので、詳しくは
ソーラープロジェクト大社までお気軽にお問い合わせください!

それでは、また次回のテーマをお楽しみに(^^)/~~~
スポンサーサイト
島根(松江・出雲・大田)で蓄電池を設置するならやっぱり大社!!

みなさん、こんばんは(・∀・)
ソーラープロジェクト大社の伊藤です!!
本日が経済産業省への設備認定の締めきり日でした。
詳細については、ソーラープロジェクト大社まで!!

さて、本日のテーマです。
『ダブル発電のデメリット』

以前、「ダブル発電と押し上げ効果」についてのところでもご説明しましたが、
ダブル発電は原則的に、「太陽光発電から売電しているとき、他の発電設備が稼動していれば、すべてダブル発電とみなされる」おそれがあります。
押し上げ効果画像

エネファームのように電気をつくる設備だけでなく、蓄電池もそうです。
しかし、太陽光発電が売電しているときは、蓄電池から放電しないような機能・設定がある機種があります。それが京セラの蓄電池のタイプBや、東芝エネグーンなどです。

ダブル発電なしの場合、短所は売電量が変わらないことですが、長所は売電価格を維持できることです。
ダブル発電ありの場合、長所は売電量が増えることですが、短所は売電価格が下がることです。

一般的に、昼間の電気消費量が多い場合は、ダブル発電になっても売電量を増やしたほうがおトクですし、
昼間の消費量が少ない場合は、ダブル発電を適用しない方がおトクです!

このように、実際ご家庭にあったプランというのは家によって違いますので、
お気軽にソーラープロジェクト大社までお問い合わせください!!

それでは、次回のテーマでお会いしましょう(@^^)/~~~
島根(松江・出雲・大田)で蓄電池を設置するならやっぱり大社!!

みなさん、こんにちは(・∀・)
ソーラープロジェクト大社の伊藤です。
みなさんのお使いのもので長~く使われているものはありますよね?
いい値段はしたけれども、長期に使用できれば満足感はありますし、
買ってよかったな~。なんて思いますよね!!
でも、機器などのものはやっぱり寿命を知っておく事は安全に
使用するためには大事です。
・・・という事で蓄電池での今回のテーマは

『経年劣化と寿命について』です。

家庭用のリチウムイオン蓄電池は、他の充電池と同じように、使っていくうちに
徐々に劣化していき、充電容量が減っていくという欠点
があります。

携帯電話やスマートフォンでも、長く使っていくと電池の持ちが悪くなりますよね。
それと同じようなものだと考えてください。

よく、「どのくらい持ちますか?」と聞かれる事がありますが、徐々に性能が落ちていくだけなので、厳密な寿命というものは無いんです。ただ、ほとんどのメーカーは蓄電システムの10年間保証や、定格容量の60%以上などの容量保証があるので、少なくとも10年間は安心して使え、異常や問題がなければその先も使うことは可能です。

ただし、Panasonicの場合は、10年経過あるいは放電時間が60%以下になった時に、
自動で運転を休止して、有償のメンテナンスを受けなければ再稼動できないようになっています。
これは、内部に異常が無いかを確認する為のシステムの為、休止したからといって壊れてしまうというわけではありません。
また、経年劣化を見る指標としては、「サイクル数」というものもあります。
1サイクルとは、1回の充電と放電のことです。
サイクル数値だけをみると約20年間使用できるような蓄電池もあります。
より長いサイクル数の間で、より多くの残存容量がある方が、長持ちする蓄電池だということです。

経年劣化を抑えるためには、急激な温度変化があるところや、高温多湿になる場所などを避けて設置したり、容量すべてを放電しきらないといった対策が必要です。
蓄電池に関わらず、なんでも正しく使う事が長持ちの秘訣ですね♪
太陽光発電や蓄電池に対してのメンテナンスなどのお問い合わせも
お気軽にソーラープロジェクト大社まで♪
TEL.jpg

それでは、また、お会いしましょう(@^^)/~~~
島根(松江・出雲・大田)で蓄電池を設置するならやっぱり大社!!

みなさん、こんばんは♪
蓄電池担当の伊藤です(*^^*)

お知らせです(・∀・)
太陽光発電の経済産業省への設備認定のタイムリミットが迫っております!!
ぜひ設置を検討されている方はソーラープロジェクト大社までお問い合わせください!!



ではでは、今回のテーマは・・・
『非常時の出力について(一般負荷・特定負荷)』です。
以前にも特定負荷についてお話しましたよね?

蓄電池による停電時のバックアップ電源としての機能には、大きく分けて2つの形式があります。
ひとつが「一般負荷」と呼ばれる、家中まるごと電源をバックアップしてくれるものです。
機種で言うと、4Rエナジー製の蓄電池がこれにあたります。
4Rエナジー


もうひとつが以前にも説明させていただきました「特定負荷」と呼ばれる、あらかじめ設定して繋いでおいた電化製品・灯りに自動で電気流れるものです。
機種で言うと、京セラやSHARP、東芝の蓄電池がこちらにあたります。
特定負荷の場合、停電時に自動で蓄電池から電気を供給してくれるというメリットがありますが、
あらかじめ設定しておかなければなりません。

同じメーカーでも、機種によって、一般負荷か特定負荷かは変わってきますので、
購入する前の確認は必須ですので、お気軽にお問い合わせください!

今日はここまで(^^)/~~~また次回のテーマでお会いしましょう。


ケーブル配線中の様子です。

/工務担当
島根(松江・出雲・大田)で蓄電池を設置するならやっぱり大社!!

みなさん、こんにちは!おなじみのソーラープロジェクト大社 伊藤です(*^^*)
今日のテーマは太陽光発電との連携でメリットを多く生み出す
【押し上げ効果・ダブル発電について】です。

太陽光発電を設置された方によっては『ダブル発電』という言葉を耳にされた方も
いらっしゃるのではないでしょうか?
蓄電池にも発電設備とみなされ、『ダブル発電』扱いになってしまう機種があります。
この『ダブル発電』がもたらすメリットは、押し上げ効果というものです。
・・・押し上げ効果と聞いても分からないですよね。
ただ、読んで字のごとく太陽光発電の売電量を押し上げる効果ということなのです。

「安い深夜電力を貯めて、高い昼間に使う」という使い方をご説明しました。
この場合もメリットは当然出るのですが、それ以上に経済メリットを出そうとする場合に
押し上げ効果を利用するのです。

その内容を簡単にご説明させていただきます!!
昼間は太陽光発電で電気を作り、総発電量から自宅の昼間の電気使用量を差し引いた電気量を
中国電力等の電力会社へ売電しています。
蓄電池に安い深夜電力を蓄え、昼間の電気量に当てることで、太陽光発電で発電した総発電量を
売電へと押し上げることにより経済メリットが大きくでるという事になります。
これが押し上げ効果の仕組みになります。
押し上げ効果画像

ただし、この押し上げ効果は、蓄電池によってダブル発電の扱いになるものとならないものがあります。
W発電となってしまうと、売電価格が下がってしまいます。
(平成23年 42円⇒34円、平成24年 42円⇒34円、
平成25年 38円⇒31円、平成26年 37円⇒30円
京セラの蓄電システムの場合、押し上げ効果はありますが、W発電となってしまい、売電価格が下がります。Panasonicや長州産業の蓄電池は押し上げ効果があり、その上、ダブル発電にならないので、売電価格は変わりません。

ご家庭の電気使用内容によってメリットの出方は変わりますので、詳しくはソーラープロジェクト大社まで、お問い合わせください!
島根(松江・出雲・大田)で蓄電池を設置するならやっぱり大社!!

みなさんこんばんは♪
ソーラープロジェクト大社の伊藤です(^o^)
蓄電池ブログのお陰でしょうか?
ここ最近、蓄電池について聞かれる方が増えてきたような♪
ぜひ、ご活用ください(*^^*)

では今日のテーマにいきましょう♪

『使い方・モード設置について』

蓄電池にはいくつかのモードがあり、使い方によっては色々なメリットを生むことが出来ます。複雑な設定などなく、簡単なモード設定になっています。

「経済優先モード」:安い深夜電力を貯めて、昼間の太陽光発電が売電していない時間帯に放電して、光熱費を安く抑えるモード
「環境優先モード」:太陽光発電でつくった電気を売るのではなく蓄電池に貯め、夜間に蓄電池から放電することで、電気の購入をなるべく減らすモード
また、機種によってはこんな設定もあります。
「ピークカットモード」:朝や夕方の家庭での使用電力が多い時間帯に、放電してピーク電力を抑えるモード
さらに、時間で充放電のタイミングを設定して、細やかで最適な運転を行ったり、マニュアル操作によって充放電を行うこともできます。

ご家庭の電気の使い方によってメリットの生まれ方が変わりますのでお気軽にソーラープロジェクト大社までお問い合わせください。

蓄電池を設置するなら、ソーラープロジェクト大社におまかせ下さい♪
蓄電池担当伊藤でした(^^)/~~~また、お会いしましょう♪
TEL.jpg
島根(松江・出雲・大田)で蓄電池を設置するならやっぱり大社!!

みなさんこんばんは、蓄電池担当の伊藤です(^o^)
今日は、みなさんも聞いた事のあるようなテーマについてふれていきます。

『スマートハウスとは?』

スマートハウスとは、IT(情報技術)を使って家庭内のエネルギー消費が最適に制御された住宅のことです。
具体的には、太陽光発電システム(創エネ)や蓄電池(畜エネ)などのエネルギー機器、家電、住宅機器などをコントロールし、エネルギーマネジメントを行うことで、CO2排出の削減を実現する省エネ住宅のことを指します。
省エネ・創エネ設備を備えた住宅がエコ住宅であるのに対し、エネルギーマネジメントシステムで最適化されたエコ住宅がスマートハウス(=賢い住宅)と言えそうです。
そして、スマートハウスの中核技術となるのが、住宅内のエネルギー機器や家電などをネットワーク化し、エネルギー使用を管理・最適化するホームエネルギーマネジメントシステムのHEMSです。
もうひとつの鍵となるのがブログで説明している蓄電池なのです。
太陽光発電や燃料電池などで発電した電力や料金の安い夜間電力を蓄電池に蓄えれば、必要なときに使用することができます。
スマートハウス概要


今後、ソーラープロジェクト大社はこのようなお宅を増やす形で取り組んでまいります♪
ご興味のあるかたはぜひ、ソーラープロジェクト大社までお気軽にお問い合わせください(*^^*)

では、次回のテーマでまた、お会いしましょう(^^)/~~~
島根(松江・出雲・大田)で蓄電池を設置するならやっぱり大社!!

みなさん、こんにちは!
蓄電池担当の伊藤です(^o^)
斐川ショールームの玄関前のお庭ができましたーー!!!
前を通られてご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ぜひ直接ごらんになってください♪


それでは、テーマいってみましょう。
       『運転音・騒音について』です。

蓄電池は電化製品なので、運転中に音が出ます。
公称の騒音値はどのメーカーも35dBから40dB以下となっています。
40dBというと、「図書館の中」や「静かな住宅街の昼間」くらいの騒音数値です。

デシベル数値

うるさくはありませんが、寝室に置くには向いていないですね。
さらに、屋外に置けばそんな心配も一切ありませんね。

ちなみに、エアコンの室外機の騒音値が50dB以下なので、
室外機よりも静かだということが分かります。

騒音についてのデメリットはほとんどありませんので、過敏に考えすぎる必要はありません。
詳しくは、ソーラープロジェクト大社までお問い合わせを!!!!

それでは、次回  スマートハウスとは?でお会いしましょう♪
島根(松江・出雲・大田)で蓄電池をつけるならやっぱり大社!!

みなさん、こんばんは♪
蓄電池担当の伊藤です(*^^*)

この時期は大寒と言って1年の中で1番寒い時期だそうです。
朝から僕は寒さにふるえているのですが、他の社員は寒くない
なんて言うんですよね(^_^;)
インフルエンザも流行っていますし、みなさんも気をつけてください!!


さっそくテーマにいきましょう♪
今回は・・・『メンテナンスについて』です。

蓄電池を使っていく中で必要なメンテナンスは、頻繁にはありません。
ご家庭で出来ることは、通風口のフィルター掃除と、
異音や異臭、異常な発熱などの異常を発見するくらいです。

過去の充放電履歴もリモコンから見れますし、
東芝のエネグーンなど、種類によっては、
一年に一度、自動で電池の状態をチェックする機能があります。
Panasonicの蓄電池については、10年経過あるいは稼働時間60%以下で
安全のため自動停止するようになっています。

メーカーの保証期間内であれば、それが適用されますし、
販売店によっては自主的にメンテナンスサービスを行っているところもあり、
弊社としては、メンテナンス部で太陽光発電などの定期的な点検や
蓄電池の基盤に腐食がないかどうかなどをチェックします。

蓄電池の内部は高電圧になっており、大変危険なので、
自分で開けて触ろうとはせず、お近くの販売店または、
ソーラープロジェクト大社まですぐにご連絡ください。

それでは次回のテーマでお会いしましょう!!
蓄電池担当の伊藤でした(^^)/~~~

TEL.jpg

プロフィール

ソラプロ

Author:ソラプロ
ソーラープロジェクト大社 ブログへようこそ!
島根(松江・出雲・大田)で太陽光発電・蓄電池を設置するなら…やっぱり大社!!!太陽光発電や蓄電池・工事に対しての情報を発信していきます!
ご相談、お問い合せはソーラープロジェクト大社まで
お待ちしております。

検索フォーム

最新コメント

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © ソラプロ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。